投資信託はサクサク始めよう|巷でおすすめの証券会社で資産運用

メンズ

アクティブとインデックス

貯金箱とコイン

投資信託にはアクティブ型とインデックス型の2つがあります。アクティブ型はファンドマネージャーによる集中投資が行われ、高いパフォーマンスを狙います。一方、インデックス型は株価指数に連動するように作られています。信託報酬としてはインデックス型の方が低いため、長期投資家にはインデックス型がおすすめです。

読んでみよう

定期的に定額を投資しよう

グラフ

投資に関する知識も経験も必要なく投資できるのが、投資信託の魅力です。投資信託を購入する際には、定期的に定額を購入するドルコスト平均法を利用することをおすすめします。平均取得価格を抑えることができるため、安全に投資を行なうことができます。

読んでみよう

不動産投資を始める機会

スーツのメンズ

マイナス金利での金融商品

現在はマイナス金利政策が実行されているため、不動産投資信託がおすすめとなっています。マイナス金利が導入された結果として、今後は不動産市場が活性化していく可能性があるからです。不動産投資信託は証券取引所に上場をしていることから、証券会社の口座があれば、簡単に購入することができます。不動産投資信託を購入すると3%前後の高利回りが期待できることも、おすすめの理由となります。マイナス金利が始まったことで、銀行の預金金利は限りなくゼロに近づいています。そのため、余裕資金においては、証券会社で不動産投資信託を買った方が断然有利となっています。また、今後は不動産市場が堅調になることで、基準価格の上昇も見込める可能性が出てきます。

投資をする上での注意点

現在、証券会社で取り扱われている金融商品では不動産投資信託がおすすめとなりますが、購入する上での注意点があります。不動産投資信託は、ある程度はまとまった資金がないと投資ができないことが挙げられます。不動産投資信託の1口の価格といしては、十数万円のものから百万円程度のものまで存在します。そのため、最低でも十数万円の資金がないと、証券会社で不動産投資信託を購入することができません。しかし、不動産投資信託の購入の際には価格が安いから購入するというのは、おすすめできません。不動産投資信託は多くの種類が上場をしていますが、取り扱っている不動産はそれそれで違いがあります。取扱い不動産としては賃貸ビルやホテル、物流倉庫など様々となっており、保有不動産を調べた上で商品を選ぶことをおすすめします。投資信託はサクサク始めましょう。

老後資金を蓄える方法

笑顔の男性

老後資金を蓄えるために、投資信託を購入される方が増えています。しかし、誤った選択をしてしまうと、老後資金を蓄えることはできません。老後資金を蓄えるためには、追加型の投資信託がおすすめです。また、分配型ではなく、無分配型の投資信託を選びましょう。

読んでみよう