投資信託はサクサク始めよう|巷でおすすめの証券会社で資産運用

ウーマン

アクティブとインデックス

貯金箱とコイン

集中投資と分散投資

証券会社などで販売をされている投資信託には、アクティブ型とインデックス型の2つが存在しています。アクティブ型の投資信託では、ファンドマネージャーが銘柄を選び出して集中投資をすることで、高いパフォーマンスを出すことを目指しています。したがって、アクティブ型の投資信託は、リスクを取ってでもリターンをできるだけ高くしたい人におすすめの金融商品となります。次にインデックス型の投資信託は代表的な株価指数に連動するように作られています。そのため、インデックス型の投資信託では、ファンドマネージャーの腕の差は出ない特徴があります。インデックス型では株価指数に合わせて多くの銘柄へ分散投資をするため、リスクを抑えた安定運用をしたい人におすすめとなります。

運用のための報酬額の違い

アクティブ型の投資信託では、高いリターンを確保するためにファンドマネジャーの能力が問われてくることになります。そのため、アクティブ型ではファンドマネージャーへの報酬が高くなる傾向があり、年間あたりの信託報酬が高く設定されています。一方でインデックス型の投資信託は、信託報酬が低く設定されている特徴があります。インデックス型では指数に連動する形で資産配分をすれば良いため、労力がいらないことから信託報酬が安くなっています。信託報酬が低い投資信託というのは、長期投資をする人にはおすすめとなります。信託報酬の額は複利計算にすると、長期では大きい差が出てくるからです。したがって、NISAを活用した長期投資などでは、インデックス型の投資信託がおすすめできます。