投資信託はサクサク始めよう|巷でおすすめの証券会社で資産運用

ウーマン

老後資金を蓄える方法

笑顔の男性

追加型から選ぼう

老後不安が広がっている現代では、自分の老後は自分で守る必要があります。自分で守るためには、本業の収入以外の収入源を確保することが重要です。投資信託は本業を疎かにせず収入源を確保できるため、どのような方にでもおすすめできる投資商品です。しかし、投資信託を選ぶ際には、目的に沿った商品を選ばなければなりません。目的に沿わない商品を購入してしまうと、老後資金を蓄えることはできません。では老後資金を蓄えるためには、どのような投資信託がおすすめなのでしょうか。老後資金を蓄えるためには、追加型の投資信託がおすすめです。追加型はオープン型とも呼ばれており、いつでも好きな時に追加購入ができます。ドルコスト平均法を活用できるため、効率的かつ低リスクで老後資金を蓄えることができます。

無分配型を選ぼう

老後資金を蓄えるためには、無分配型の投資信託がおすすめです。分配型が非常に人気となっていますが、老後資金を蓄えることには向いていません。分配されると元本が増えないため、いつまで経っても少ない元本で運用することになってしまうためです。また、分配されてしまうと、複利の効果を得ることができません。分配型に適しているのは、年金を受け取っている年齢層の方です。まだ若くこれから老後資金を蓄えようとしている方は、分配型を選ばないようにしましょう。老後資金を蓄えるためには、追加型でかつ無分配型の投資信託がおすすめです。追加型で無分配型の投資信託を毎月一定額購入し続けることで、着実に老後資金を蓄えることができます。